赤ら顔と酒さの違いを見分ける方法と、それぞれの特徴・原因・治し方 

赤ら顔の原因と症状について

赤ら顔とは、顔の皮膚の薄い部分(頬、額、鼻および顎など)を中心に、赤みが長く続く状態を言います。

顔の赤みは皮膚が炎症を起こしていることや皮膚の下の毛細血管が拡張していることによりますが、その原因ははっきりとはわかっていません。

赤みの程度は人それぞれで、赤みが強い方では化粧では隠せないくらいになりますし、チークを乗せたような淡い感じとはまた違った印象になりますので、赤ら顔で悩んでいる方も多くいることでしょう。

酒さ(しゅさ)原因と症状について

赤ら顔が重症化すると、「酒さ(rosacea)」という状態になります。
しかしながら、すべての赤ら顔が酒さになるわけではなく、「酒さになる赤ら顔」と「酒さにならない赤ら顔」の違いは明確ではありません。

赤ら顔の原因はわかっていないと書きましたが、酒さについても同様で、原因ははっきりしていません。
とはいえ、近年では、血管機能の異常や神経機能の異常だけでなく、免疫系の異常が原因になり得るとして特定されつつあります。

酒さは、
 前駆期(pre-rosacea phase
 血管期(vascular phase)
 炎症期(inflammatory phase)
 進行期(late phase)
の4つのステージに分類され、それぞれで症状が変わります。

1. 前駆期
前駆期はいわゆる「赤ら顔」で、以下のような場合等にみられる顔の赤みが主な症状です。
 日光に当たった時
 精神的なストレスを感じた時
 暖かい部屋から寒い屋外に出た時
 アルコールを飲んだ時
 香辛料の効いた食事を食べた時

顔の赤みだけではなく、顔がチクチクするような不快な感覚もすると言われます。

なお、これらの症状は「赤ら顔」の症状と同様ですので、酒さとの鑑別は困難です。

2. 血管期
血管期では、紅斑が多く発生します。
紅斑は、血管機能の異常にもとづいて毛細血管が持続的に拡張することにより生じるといわれています。

3. 炎症期
炎症期では、丘疹や膿疹(ニキビのような症状)という症状が見られます。

酒さによるニキビは、一般的なニキビと異なりアクネ菌の感染によるものではありません。
そのため、洗顔やニキビの薬のような一般的なニキビに対する処置ではよくならないことがあります。

一般的なニキビに対する処置ではなかなか治りませんので、「成人ニキビ」と呼ばれたりします。

4. 進行期
進行期になると、慢性的に続いた炎症や毛細血管の拡張により、組織の過形成を生じます。
組織の過形成とは、ニキビがたくさんできてでこぼこになった状態、という風なイメージです。
鼻にできたものについては「こぶ鼻」と言われ、昔から悩みのもとになっていました。

原因のない赤ら顔は「酒さ」の可能性も

上で説明したように、酒さの前駆期では、酒さではない赤ら顔と同様に、日光や寒暖差のきっかけによって顔が赤くなることが多いです。
しかしながら、血管期以降になると、そのようなきっかけが無くても顔の赤みが続きます。
そのため、原因が無い赤ら顔の場合は、酒さを疑うきっかけになるかもしれません。

赤ら顔と酒さ(しゅさ)の見分け方は?

酒さの血管期以降では持続的に赤みが続きますし、炎症期以降ではニキビのような症状が多く見られます。
そのため、赤みがまったく引かない、ニキビに対する処置を行ってもニキビがまったく治らない、というような場合は、単なる赤ら顔ではなく酒さの可能性があります。

その場合、酒さが重症化する前に皮膚科に診てもらい治療を開始する必要があるかもしれません。

合わせて読みたい→赤ら顔・赤面症・あがり症の違いと共通点。それぞれの改善方法とは? 

赤ら顔と酒さ(しゅさ)で悩む方が化粧品を選ぶときの注意点

化粧品が原因で赤ら顔や酒さになる可能性があることが知られています。
とくに女性の場合は、化粧品はほぼ毎日使用するものですので、化粧品の見直しは非常に大切です。

赤ら顔の方への注意点

赤ら顔は皮膚が炎症を起こしていることや皮膚の下の毛細血管が拡張していることによります。
そのため、それらに対応できる成分が含まれていれば、赤ら顔に向いている化粧品です。
もっともベースとなる化粧水を例として考えれば、皮膚の炎症や毛細血管の拡張を元に戻してあげることが重要になります。

皮膚が炎症を起こすことは皮膚のバリア機能を低下させ、より炎症を起こしやすくします。
そのため、バリア機能が低下した皮膚の隙間をセラミドという成分などで埋めることで皮膚のバリア機能を回復させる効果が期待できます。

また、抗炎症作用や血行改善作用を有する成分(生薬エキス等)が含まれている化粧水を使用することで、毛細血管の拡張を改善する効果が期待できます。

酒さの方への注意点

酒さの場合、治療の目的は「酒さの治癒(完治)」ではなく「症状のコントロール」が主な目的です。
そのため、症状の悪化につながる「誘因」を探して、それを避けて生活する、という少し地道な治療を行うことになります。

化粧品に着目すれば、「普段使っている化粧品を1つずつ減らしていく」または「まず化粧品をすべてやめてみる」等によって、原因となっている化粧品を見つける必要があります。

もし原因となっている化粧品が見つかったら、その化粧品に含まれている成分のうち、酒さの原因になっていそうな成分(たとえば、アルコールや香料など)を含まない別の化粧品を試してみる等の対応が必要です。

特定の成分に限らず、「肌に何かしらが触れている状態」によって症状が起きている可能性もあります。
その場合は、思い切って化粧品を使用しない、という選択をする必要もあるかもしれません。

まとめ

赤ら顔と酒さはどちらも原因がはっきりせず、見分けることも難しいですが、酒さであれば重症化する可能性があります。

化粧品が赤みの誘因になっている可能性もありますので、その場合は自分に合う化粧品をいろいろ試していくことになります。
とくに酒さの場合は、皮膚科の先生と相談の上で気長に治療を行ってくださいね。
参考情報:
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/プロフェッショナル/14-皮膚疾患/ざ瘡および関連疾患/酒さ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です