アトピー性皮膚炎による赤ら顔の3つの原因※化粧品で治すことができる?

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、「増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患」と定義されています。
わかりやすくいうと、「悪くなったり良くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹が主な症状の病気」という意味です。

特に子供に多く、子供時代はひどいかゆみに困った経験があるかたは多いのではないでしょうか。
成長するにしたがってある程度の割合で治ることが報告されていますが、一般的には慢性化しやすい病気として知られています。
また、思春期や成人になると顔を含む上半身に強く症状が出る傾向があるため、赤ら顔の原因になる可能性が高いです。

アトピー性皮膚炎による赤ら顔には3つの原因がある

アトピー性皮膚炎は、その病態(病気のしくみ)から、
 皮膚のバリア機能の低下による乾燥や炎症
 強いかゆみで掻きむしることによる炎症
 外部から侵入するアレルゲンに対するアレルギー反応
の3つの原因で赤ら顔になってしまうことがあります。

1つずつその原因について説明しますね。

乾燥や炎症が原因

アトピー性皮膚炎の患者さんでは、角質を中心とする皮膚のバリア機能が低下しています。
そのため、皮膚中の水分を保持することが難しく、乾燥しがちになってしまうのです。
また、外部からの刺激に対して炎症を起こしやすくなっていることが知られています。

そのようにして、慢性的につづく皮膚の乾燥と炎症で、顔が赤くなってしまうと考えられています。

かゆみが原因で掻きむしってしまいその刺激が原因

アトピー性皮膚炎は強いかゆみをともなう病気です。
かゆみを伝達する神経が過敏になっているために強いかゆみを感じてしまうことが知られています。
ひどいかゆみで皮膚を掻きむしってしまい、その刺激でまたかゆみがひどくなるという悪循環に陥るのです。
その悪循環でどんどん皮膚の炎症がひどくなり、顔が赤くなってしまいます。

外部からのアレルゲン(ハウスダストや化学薬品など)に対するアレルギーが原因

アトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が低下していますので、外部からハウスダストや化学薬品などが簡単に皮膚に入り込んでしまいます。
そうすると、皮膚に入り込んだハウスダストや化学薬品に対して、アレルギー反応が容易に起こってしまうのです。

アレルギー反応そのものはヒトの防御機構ですが、患者さんでは反応が過剰に起きてしまい炎症となりますので、それにより顔が赤くなってしまいます。

びまん性紅斑とは?

「びまん」とは、「広くひろがっている」という意味です。また、「紅斑」とは「皮膚表面が赤くなった状態」を指します。
つまり、びまん性紅斑とは皮膚表面が広く赤くなった状態のことをいいます。
顔にびまん性紅斑が生じると、それはまさに赤ら顔のことです。

びまん性紅斑による赤ら顔には3つの原因がある

びまん性紅斑が顔に生じると赤ら顔になると説明しました。
ここでは、アトピー性皮膚炎に着目して、びまん性紅斑の原因を記載しますね。

アトピー性皮膚炎

先に説明しましたが、アトピー性皮膚炎の場合、複数の原因により皮膚に炎症が起こり、びまん性紅斑が発症します。

特に思春期および成人になると、顔での症状が重症化する傾向があることが知られています。

ステロイドの副作用

アトピー性皮膚炎では、
 薬物療法
 スキンケア
 悪化の原因への対策
の3つを組み合わせることで治療が行われます。

その中で、薬物療法ではステロイドの塗り薬が用いられ、有効性と安全性が科学的に十分に検討されてきました。
症状が重い時には十分にステロイドを塗り、症状が軽くなったら少しずつ減らして最終的に中止します。
それにより、有効性を最大化し、副作用を最低限にとどめることができるのです。

しかしながら、自己判断で必要以上に強いステロイドを使いつづけたりすると、ステロイドの副作用で毛細血管の拡張が見られることがまれにあります。
そうすると、ステロイドの副作用によりびまん性紅斑になる、ということが起こり得ます。

アトピーとステロイドの副作用が合わさって肌に影響を与える

上で述べたとおり、最初に十分量のステロイドを用いて、徐々に中止に向かっていくという方法でステロイドをもっとも有効で安全に用いることができます。

しかしながら、症状が軽くなったからといってステロイドを自己判断で突然やめてしまうと、症状が突然悪化してしまう可能性があります。

そうすると、アトピー性皮膚炎とステロイドの副作用のダブルパンチです。
びまん性紅斑がより悪化してしまう可能性がありますので、医師の指示に従って治療をおこなってください。

関連記事→赤ら顔と酒さの違いを見分ける方法と、それぞれの特徴・原因・治し方 

まとめ

かゆみが強い赤ら顔であれば、アトピー性皮膚炎によるものかもしれません。
特に大人のアトピー性皮膚炎では赤ら顔(びまん性紅斑)が重症化しやすいので、早めの治療が大切です。

そして、治療にはステロイドが有効です。
ちまたにあふれるステロイドに関する情報にまどわされず、医師の指示に従って正しい使い方でアトピー性皮膚炎の赤ら顔(びまん性紅斑)を治療してくださいね。
参考情報:
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です